田舎でオール公立でも最高の教育を目指す

地方で子育てをする医学博士夫婦の教育論

田舎で子育てすることのデメリット

私が子育てしている場所は田舎です。

一応、県庁所在地ではありますが、私立中学、中高一貫校など無いに等しいです。(実際はありますが、都会のそれの足元にも及びません)

 

子供達の多くが公立小中学校で学び、公立高校を受験します。

 

そんな環境で育児と教育を行って、いざ大学受験で全国のライバルに勝つことができるのか…。

 

勝てる子はいます。

 

でも本当に少数…。

 

突然変異的に現れた、いわゆる田舎の天才。

 

しかしそんな天才でも、最近では都会で小さい頃からトレーニングを受けた凡人に勝てなくなってきている、と私は感じています。

 

そこを勝ち抜いていくためには、田舎であるという環境に甘えずに、近所や周りの子供たちの動向に合わせずに、全国レベルのライバルを意識して、特別なトレーニングをする必要があります。

 

とは言っても、やみくもに勉強量だけ増やせばよいというわけではありません。

 

私が大事だと思うのは以下の3つです。

 

1. 心を鍛える

2. 体を鍛える

3. 勉強を習慣化する

 

次回より、1つずつ書いていこうと思いますが、私自身は教育の素人で、今まさに試行錯誤している状態です。

 

こうして記録に残すことで、将来反省して軌道修正していくことを目的としていますのでご了承下さい。