田舎でオール公立でも最高の教育を目指す

地方で子育てをする医学博士夫婦の教育論

部活動はさせない

今回の記事は、もしかしたら批判を浴びるかもしれません。

母親である私自身の経験を交えて書かせて下さい。

私は、中学・高校と同じ部活動に入っていました。屋外で行う球技です。

中学1年生では毎日ボール拾い。

土日も練習。

高校時代に至っては大晦日まで練習。。。

本当に辛かったけど、友人もたくさんできて楽しかったけど、だけどやっぱり辛かった。

高校の時は通学に片道一時間以上かかっていたので、部活のせいで勉強時間は足りなかった記憶があります。

あの部活動、あんなに頑張る必要あったのかな? と、今になってふと思うのです。

友人たちとの絆が深まったり、体力がついたり、忍耐力がついたり、いい面もたくさんあったと思います。

でも、私は時間をムダに使ったような気がしてならないのです。

なんで生活の中心が部活動だったのか。

一流の指導者に教わったわけでもない。

競技経験のない顧問の先生に、なんでスポーツを習わなければならなかったのか。

コーチもいたけど、所詮その辺のお兄さん。

そんな素人の指導の元で、放課後の時間を毎日費やし、さらに土日も費やし、そんなにやる必要あったのか。

そこまでやってもせいぜい県大会までしか行けなかったし、

正しい指導じゃないから(語弊があるかもしれませんが)ケガも多かったし、

もう二度と戻らないあの時間、もっと有効に使いたかった。。。


最近では部活動に関してはいろんな見解がありますね。

顧問の先生の労働時間の問題や、保護者のかかわり方の問題。

スポーツに特化した学校以外では、昔ほどバカみたいに毎日練習を行わない傾向にあるようです。

私の地域でも、部活動よりクラブチームに所属する生徒が多く、それを部活動に置き換えることができる制度があります。

私も、そういう時代に生まれたかったです。

ただ、このような制度には問題もあって、学校対抗の勝ち負けの意味が薄れつつあります。

サッカーを例にあげると、サッカーの上手な子はみんな部活の代わりにJリーグのユース等に入るので、

学校のサッカー部に入る子は少ないのです。

そのため、◯◯中学が優勝したと言っても、本当に強い子のいる集団ではないので、いまいち盛り上がらないのです。

ただ、そういう問題点を考慮しても部活動の自由化が進んでいるのはとても良い傾向だと思います。

批判を覚悟でいうと、我が子達に何かをさせる時には、きちんとした指導者の元で習わせたいです。


部活動を完全否定するわけではありませんが、スポーツや文化活動を教育に取り入れる意義は、心身の健康を保ち、仲間との活動を通して充実した学生生活を送ることではないのか?と思うのです。

(昔は放課後の時間を自由にさせてしまうと非行に走ることがあるので、それを防ぐという意味合いもあったのかもしれません。)

でも実際私は健康どころか怪我ばかりでした。

今思うと、練習をしすぎました。

そして指導内容も不適切でした。

今、あの頃に戻れるとしたら部活なんてせずに、読書をしたり、勉強したり、習い事を続けたり、友達と遊んだりしたかったです。

毎日ボール拾いのためにずーっと突っ立っていたあの不毛とも思える経験は、今の自分を形成するのにもしかしたら必要だったのかもしれませんが、私はあの時間を返して欲しいと思います。

もちろん、どんな事でも下積みは必要だし、ボール拾いも貴重な経験ではありました。

でも、その下積みを長く頑張ったところで、その先に素晴らしい一流の指導があるわけではないのです。

なんとなく、ものすごい長い時間をムダにしたあげくケガをして何も残らなかった気がしてならないのです。

私が入っていた部活動って、

「気合い!」とか、
「諦めるな!」とか、
「弱気になるな!」とか、
「走れ!行け!頑張れ!」とかばかりで、

具体的に何をどうやったら強くなれるのか、っていう部分が抜け落ちていた気がするのです。

数をこなせば上手くなる?そんな遠回りな道をわざわざ選ぶ理由がありません。


私は、子供たちに中学、高校での部活動はさせないつもりでいます。

仲間との活動は、授業や昼休みで充分だと思っています。

スポーツだって、週に2、3日くらいやれば健康を維持するには充分です。

シロウトに毎日習うよりも、きちんとした指導者に週1回習う方がどれほど効果的かわかりません。

確かに、部活を通して得た仲間はかけがえのないものです。

でもその仲間と同じ人生を歩むわけではないのです。

みんなと同じ事を、なんの疑いもなくやるようではダメだと思うのです。

自分の将来を見据えて、今の最優先すべき事を選んでいかなければなりません。

気合いも根性も大切ですが、それよりも創意工夫の方がもっと大切です。

全ての工夫を凝らした後で、いろんな選択肢を吟味してやるべき事を全てやった後で、最終的にそれを支えてくれるのが「根性」であって、

間違ったやり方で気合いと根性を発揮することはムダでしかないと思うのです。

私は子供たちに、そういう間違った(と自分が思っている)事を、みんながやっているからといって簡単に受け入れる人間になって欲しくはありません。

スポーツで強くなりたいなら、一流の指導者のもとに習いに行かせます。

仲の良い友達と一緒に過ごしたいなら、部活じゃなくて一緒に遊べばいいのです。

〇〇くんと一緒にサッカーがしたい。という理由は我が家的にはダメです。

厳しいようですが、〇〇くんと我が子の歩む人生は違うので、誰かがやっている事を理由に自分もやるという選択は許さないことにしています。

それくらい、毎日の部活動で失う時間は大きいと思います。

我が子たちが将来賢明な判断をしてくれる事を願います。