田舎でオール公立でも最高の教育を目指す

地方で子育てをする医学博士夫婦の教育論

2歳から3歳の育児でやったことまとめ

我が家の教育で、2歳から3歳での学習ポイントはズバリ、「読めるようになること」です。

「書けるようになる」と「簡単な計算」は、我が家ではやや遅めですが4歳までを目標にしており、まず読めることを優先しています。

書くことは、鉛筆の持ち方など大事な要素も含まれるため、ある程度落ち着いてこちらの言うことをちゃんと聞けるようになった段階で始めます。


1日1冊の絵本の読み聞かせと、引き続きイスに座る訓練は1歳からずっと継続しています。

2歳から3歳でやったことまとめ

ひらがな(カタカナ)数字の読み、数の概念の習得

2歳児への文字の教え方はこちらの記事をお読みください。

www.inaka-kyoiku.com


はじめは、「ありの、あ」と教えたら「ありの、あ、だよ。」としか言わないし、それしかわからないので心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

徐々に、「あかちゃんの、あ」「アイスの、あ」「アンパンマンの、あ」と広げていけば良いと思います。

数の概念も、上記の記事に書いたように教えますが、もう1つ、良い方法があります。

おやつを与える時に毎回、個数を数えさせるのです。

正解したらもう1つプラスしてあげるなど、ご褒美を与えます。

書くことの導入

3歳までは、字を書くことはあまり無理をしません。

まずは殴り書き、直線、丸などの曲線を書く練習をします。渦巻き、ぬりえなども良いと思います。

この時期は、ぐちゃぐちゃでも、はみ出しても注意しません。

描くことが楽しい!と思わせるのが1番です。

画材はクレヨンが良いと思います。

いずれまた記事に書きますが、3歳過ぎたら鉛筆の持ち方や、ひらがな、数字の書き方を、文字の美しさも含めてきちんと教え始めます。

身体を動かす遊びを積極的にやる

この時期は、運動能力の成長も著しいものがありますよね。

兄弟がたくさんいたり、育児がワンオペだったりすると大変かもしれませんが、休日はできるだけ外に連れ出し、身体を動かす遊びをするようにしていました。

アスレチック、三輪車、かけっこ、ブランコ、ボール投げ、プールなど、ごく普通の遊びですが、全身を動かすものが特に良いと思います。

ちなみに、この時期でだいたいその子の持つ運動能力というか、センスがわかるようになってしまいました。笑

それからこの時期はイヤイヤ期とも一致しますが、子供も家の中にばかりいるとストレスが溜まります。

外で身体を動かして満足するまで遊ばせると、スッキリするのか驚くほど素直になることがあります。

(もちろん、ずっとは続かないので、毎日とはいかなくても週に2、3回は発散が必要です。)

指先を使う訓練

ブロック、ピアノ、工作など、この時期から始めると良いと思います。

うちの子は、長女は慎重なのでハサミも大丈夫でしたが、次女は危なっかしいのでもう少し後になってからハサミをもたせました。

道具はその子の様子をよく見て、目を離さず、場合によっては手を添えて安全に使わせてくださいね。

ブロック遊びとピアノはこの時期から2人とも勝手に始めました。

ピアノは私がある程度弾けるので、教室へは行かず家庭で教えました。

そして3歳半くらいから、本人がやりたいと言った場合だけ音楽の先生に教えてもらいました。

ピアノはリズム感も鍛えられるし、薬指や左手など、あまり動かさない指を単独で動かすので手先の器用さも鍛えられ、脳も活性化すると言われています。

(科学的根拠はfMRIで示されたデータがあったはずです。)

ちなみに音楽で生きていくとかは想定していないので、あくまで遊びの延長です。

私自身、ピアノを習っていたために、合唱コンクールなどでいつも伴奏をさせられて嫌な思いをしてきました。

本当は、スポットライトを浴びてみんなと一緒に歌いたかったのに、いつもステージの端っこか、ステージの下にいるのが嫌でした。

子供たちが本気で続けたいと言ったら続けるつもりでしたが、長女は小2の時点でやめています。

それでも、楽譜が読めるようになっただけで充分よかったと思っています。

理由は、いつも書いているように内申点ですね。笑

(必要に応じて)英語の学習の開始する

最近では、0〜1歳から英語を習わせる親御さんが増えています。

私も実はつい最近まで英語を習っていたのですが、そのスクールでは0歳クラスからあり、空きが無いくらい人気です。

賛否はあると思いますが、この辺の判断はもう親の信念にかかってくると思います。

私は、まずは日本語の習得が優先と思っているので0歳から英語はさせませんでした。

ただ、私は英語そのものよりも、外国人を目の前にしてまったくコミュニケーションをとれない人間にはなってほしくないので、

保育園で開催される英語のグループレッスンには2歳から欠かさず参加させていました。(週1回)

数人の外国人の先生が来てくれて、一緒に遊んだり歌を歌ったり、絵本を読んでもらったりするようです。

しかし厳しいことを言うようですが、日本にいながらネイティブの講師にいくら英語を習っても英語は上達しません。

24時間365日、生の英語が耳に入ってくるような環境に身を置かない限り、英語を話せるようになんてなりません。

だったらここは割り切って、もう少し大きくなってから受験英語に特化した学習をさせるのもアリかなと思います。