田舎でオール公立でも最高の教育を目指す

地方で子育てをする医学博士夫婦の教育論

ディズニーアニメ映画を英語音声+字幕で観る

我が家ではできるだけテレビをリアルタイムでは見せないようにしています。

1日に24時間しかない貴重な時間をテレビ番組の放送時間に支配されないためです。

観たい番組がある時は録画をして、やるべき事をきちんとやって時間を作ってから観せるようにしています。

ただ、我が家にはまだ小さい子もいて手がかかるため、朝お弁当を作っている時間や、私自身の準備をする間、それから来客中など、ちょっとおとなしくしていてもらわないと困る時もあるんですよね…。

以前はEテレなどを見せていたのですが、まあ、それも悪く無かったのですが、今はディズニー映画の録画やDVDを繰り返し見せています。

これだと途中で消してもまた続きから観ることができますしね。

内容的にも子供に観せるのに悪くないと思います。

映画を観せる時に、最初の1回は日本語音声で観せるのですが、2回目は英語音声と日本語字幕にします。3回目以降に観るときは英語音声のみ、または英語音声+英語字幕にします。

録画の場合、リモコンの「音声」から音声と字幕が変えられるようになっていますが、当然その番組ごとに複数の音声データを入れて放送しているかどうか条件が異なるため、できるものとできないものがあります。

さらに、英語字幕はDVDでないと表示できない場合が多く、我が家はほとんどテレビで放送されたものの録画なので、音声だけ英語で楽しんでいます。

本当は英語のスペルも見せたいんですけどね。笑

よく観るのは、ライオンキング、アナ雪、ズートピア、美女と野獣、ターザン、などです。

1回目で映画の内容を理解すれば、2回目以降は英語でもストーリーがわかるので楽しんで観てくれます。


子供たちの英語学習について時々考えることがあるのですが、私自身、まだ結論を出せていません。

私は中学からずっと科目としての英語が得意でした。

センター試験レベルであれば解けない問題はなかったし、センター模試などでも100点以外とったことがないと記憶しています。(よい記憶しか覚えていないだけかもしれませんが。笑)

しかし、英語を話すのは苦手です。

論文を英語で書くことはできても、それを学会等で英語で発表することは苦手です。

英語でのディスカッションなんて、苦手中の苦手です。

とはいえ今の職場には外国人留学生や患者さんも時々くるので、英会話を完全に避けて通ることはできず、中学生レベルの英語と大げさなジェスチャーでなんとか会話しています。

まあ、中学生レベルの英語で日常会話はなんとかなるんですけどね。

そんな私と同じ苦労を子供たちにさせたくないので、英語学習のため最良の方法を探っているのですが、はっきり言ってそんなの無いんですよね。

塾や英会話スクールに週1、2回通ったところで、結局は受験英語オンリーになるか、会話オンリーになるか、両方中途半端になるかのどれかです。

この3つのどれかを選ぶとしたら私は受験英語オンリーを選ぶかなぁ…。

それに本当にちゃんと話せるようになるには、英語圏で生活し、英語しか話さない環境に身を置くか、それと同等の努力をしないと無理だと思うのです。

でもそれでは他の多くのものが犠牲になります。

私の夫はアメリカに留学していたことがあるので私よりは話せますが、それでも帰国して数年経ってしまえばペラペラというわけにはいきません。

結局バイリンガルにしようと思ったらそれなりの環境も多くの時間も必要で、そのために他の勉強を犠牲にする意味があるかと考えた時、今の日本の受験システムでは「意味がない」と思えるのです。

日本の英語教育も受験システムも変わっていくことは考えられますが、英語さえできれば他の科目はできなくてもよい、などと極端な変革はないだろうと考えています。

そういうわけで、現在の英語学習はディズニー映画を英語で観る事と、長女と次女には簡単な英単語を、長女のみ少しだけ文法を教えています。

時々しか取り組んでいないので、毎日の家庭学習にはまだ組み込んでいません。

まだまだ迷いはありますし、これから考えが変わっていくこともあると思いますが、今は英語が好きでいてくれたらそれでいいかな、と思っています。

本来は英語は科目というより1つの言語なので、あまり「勉強」として気負わずに、他国の人とのコミュニケーションツールだと思って楽しく学んで欲しいなと思います。