田舎でオール公立でも最高の教育を目指す

地方で子育てをする医学博士夫婦の教育論

時刻と時間が苦手な子

算数で差のついてしまう関門のひとつは分数だと思っています。(他にも図形や立体などたくさんありますが。)

だいたい小学校3、4年生あたりが分岐点になり、そこで算数が得意か苦手かはほぼ決まります。

ですが、ひとつ地味なことを忘れていました。

時計と時刻が苦手な子も時々います。

問題 (ドラゼミより抜粋)
昼の12時から夜中の12時までの12時間の間に、長い針と短い針は何回重なるでしょう。
(ただし最初の昼12時は回数に数えませんが、夜中の12時は回数に数えます。)

長女の答え、「12回でしょ?」

はい、ブー!! 違います。

答えが安易すぎるのだよ、長女よ…。

「だって、まず1時台に1回重なるよね、1時5分くらいで。2時台でも1回重なって、3時台でも重なって…、最後の12時でも重なるから12回だよね。」

残念!11時台では長針と短針は重なりません。11時台で重なるように思える時刻は、すでに12時なんですよね。

この問題は応用問題に入るので、説明をきいて理解できればそれでいいと思いますが、塾講師をしていた頃も時計が苦手な生徒がけっこういた事を思い出しました。

わからない子は説明している途中ですでにわからなくなります。

実際に時計を持たせて動かしながら考えさせてもわからなくなります。

時計もある意味空間認識能力を必要とする分野かもしれません。

時計の長針が回っている間に、短針も動いていく事をイメージできないんですよね。

「3時30分の15分後は?」という問いはわかるのに、

「3時30分の75分後は?」と聞かれると、長針だけに気を取られて考えるため、短針がどこにいるのかわからなくなり、迷子になってしまうのですよね。笑

今、次女と長男が使っているこれをちょっと拝借して、長女と時計の復習をしました。

もりのとけいえほん (音と光のでる絵本)

もりのとけいえほん (音と光のでる絵本)

時刻と時間は、算数の中では地味な分野ですし、ここが苦手だからといって他に影響は出にくいところです。

成長すれば日常生活の中で自然に理解する部分でもあるので心配はいらないと思いますが、

時計が苦手な子がけっこういる事を思い出したので記事にしてみました。