田舎でオール公立でも最高の教育を目指す

地方で子育てをする医学博士夫婦の教育論

全国学力テストの結果について友人たちの見解

全国学力テストの結果が出ましたね。

私の友人たち (主に医療関係者) が面白い分析をしていたので紹介したいと思います。


友人A (男性)

秋田県って毎回成績いいよな〜。なんか不自然なんだよなぁ。

秋田は自殺者が多いことでも有名だし、真面目でストイックな県民性も関係しているんじゃないかな。

もし、嫌なものを嫌だと言えない、学校の先生の言う事は絶対だという雰囲気があるのだとしたら、

テストの成績が良くても学校教育そのものが疑問だよな。。。


友人B (男性)

部活動を長時間行う生徒より、部活動をそこそこ行う生徒の方が成績が良いって…

当たり前やん!

部活ばっかりやったら勉強の時間が確保できんし、部活をやっとらん生徒はそもそも色んな事に対して意欲が低い子が多いんちゃうの?

そんなん、ちょっと考えればわかるやん。

それを、さも今回初めて意外な結果が明らかになったように報道するマスコミおかしいわ!

自分が中学生の頃から、それくらい実体験として知っとるわ!

アホか!(以下、言葉が汚いので省略) 笑


友人C (女性)

政令指定都市で成績が良い地域っていうのは、学校の教育じゃなくて塾の成果っていう可能性もあるよね。

そういう地域は塾に通わせている割合も高いだろうから。


友人D (女性) SNSの投稿より

田舎と都会って、意外と格差がないんだね。

都心部は、都心部の内部格差がすごいから相殺されているのかもね。

ーーーーーーーーーー

(あくまで個人の見解なので、該当する地域の皆様に不快な内容を含んでいる事をお詫びします)


子育て中のみなさん、それぞれの感想を持ったようです。

私もデータ全体に目をさらっと通しましたが、数字を並べただけで、多方面から解析されていない以上、なんとも言えません。

せっかくデータを集めたからにはきちんと分析して、どうフィードバックしたかまで教えてもらいたいな、と思います。

データ収集の目的はフィードバックなので、

これだけのビッグデータを目の前にして、とっ散らかった議論ばかりして、何も得るものがありませんでした、おしまい。ではお粗末すぎると思います。

もちろん、同じ数字にも様々な解釈があるのでそこに正解を求めるつもりはありませんし、

統計学というのは「数字マジック」という側面もあります。

しかし少なくともデータを提示する時の最低ルールであり、共通言語だと思います。

はっきり言って、テストの成績の良し悪しよりも、教育業界がこのデータをどう読んで、どう改善策を提案するのかというところに非常に興味があります。一応、研究者としては。笑


医療業界にいる私からすると、教育業界はどうしても進歩や進化が無いように思えてしまうんですよね。

10年前と同じことをやっているように見えるというか…。それに根拠があるのならいいのですが。

まぁ、かけられている予算がケタ違いなので、比較すること自体間違っていると思いますし、子供を対象にした研究は評価が難しい部分もあるとは思います。

ただ、もし本気で研究してみるつもりがあるのなら、これだけ年齢など似た条件の巨大なサンプル数を集められる恵まれた業界ってそんなに無いので、

それなりの結果が得られるような気がします。



でも、何事も数字にしてみるということは良いことですね。

数字にして初めて客観視できることはたくさんあります。

もう少しデータの収集方法や統計学的解析がきちんとされて、ブラッシュアップされたら、この結果も面白いものになるのになぁと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ